なにかといろいろあるもんだ
*
ホーム > 投資 > 二国間の通貨を売買

二国間の通貨を売買

「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして利益を狙う取引です。

 

価格は常時動いています。

 

これが為替レートです。

 

テレビのニュースをみているとドル円やユーロ円のマーケットのFX情報が流れる場合があります。

 

よく見るのが「今日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。

 

要するに、取引には、買値と売値の値段が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと提示している取引業者もあります。

 

普通は売値が買値よりも小さく決められています。

 

自分が買値は高く、売値は低くなります。

 

その差をスプレッドといいFX会社の収益の一部になっています。

 

スプレッドの広さは業者によって異なります。

 

スプレッドの差はみなさんにとって経費になるので、低い取引業者をピックアップしたほうが得します。

 

ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

 

仮に平常時は円とドルのペアで1銭のスプレッドの差だったとしてもマーケットの上げ下げがとても大きい状態では1銭よりも広くなります。

 

そういう訳で、スプレッドが低いのと同時に変化が小さいのが大切です。

 

近頃では変わらないスプレッドの広さを示すFX業者も存在しています。

 

現実にFX会社の売買画面の上で為替レートを見て確認しなければ判断できないのでわずらわしいですが必要な事です。

 

重要な財産を使って取引をするのですから、本物の売買の前に、関心があるFX会社の口座開設をしてスプレッドの広さを点検しましょう。

 

同じ通貨ペアでも、その瞬間の状況によって外貨のスプレッド幅は異なることがあります。

 

一般的には、銀行間取引で売買高が多い外貨ではスプレッド幅が狭く、あとの通貨ではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。

 


関連記事

脇が気になる場面
腕が出るような洋服を着て電車のつり革に捕まらないといけない時にむだ毛が見られるの...
危険性を感づく
FX投資の経験がない方がマーケットの大切なところを探すためにはまず初めに学習を重...
二国間の通貨を売買
「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして利益を狙う取引です。 ...