なにかといろいろあるもんだ
*
ホーム > 投資 > 危険性を感づく

危険性を感づく

FX投資の経験がない方がマーケットの大切なところを探すためにはまず初めに学習を重ねる事が不可欠です。

特に、先に危険性を感づくようになるためには負けを積み重ねることも大切です。

 

ただし、負けたといっても立ち直れなくなるほど致命的なミスをする事は論外です。

やり直せるぐらいの過ちを何回か重ねる事が、最後に自分の経験値を高めてくれるはずだ。

これを考えると、まず初めはわずかな額で売買を行い、これによっていくつか簡単な負けを経験することが必要です。

 

例として、100万円しか投資する事が出来ない人が、少しも残さないで賭けてトレードすると、間違えた時永遠に立ち上がれなくなってしまう心配があります。

そのため、たとえば資金の10%ずつトレードを行ないこれで売り買いを体験した方がじょじょに失敗をカバーする術なども習得するはずです。

 

最初は小さな額でトレードする事の良い点は前述したように、自分の経験値を高め間違いを減らす術を身に付けていく事にありますが、同時に、売買の回数を繰り返す事でリスクを小さくできるという価値もあります。

 

たとえば、1度の取引で利益を上げられる確率が二分の一だと考えます。

 

ということは、同じだけ損が生じるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分の比率で利益が上げられる事を意味している。

 

だけど、全ての資金を投じて1度だけのトレードをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのどちらかだけになってしまいます。

 

これはたんに1度の賭けと同じです。

 

すなわち、全ての投資資金を投資して1回こっきりのエントリーしないと、マイナスになる比率が高まってしまいます。

 

そのため、資金を1度にすべて賭けるのではなく、少しずつ分けて、チャンスを積み重ねる事がリスク管理となります。

 

同時に何度かに分けたとしても全てのエントリーで勝つ事は不可欠ではありません。

 

と言うよりは、全部は勝てないのが現実だ。

 

勝負で肝心なのは勝つ確率ではなく、どれだけ儲けるかである。

 

勝率が同じでも、たとえ勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

 

それ以上負けてもその収益が少額ならば3割の勝ちの利益だけで相当利益を上げられます。

 

そのためには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

 

損益が出たら間髪を入れずロスカット注文して逆に儲けられる時は大きく利益を出す事がFX投資ビギナーがFX投資で利益を上げる極意といえる。

 


関連記事

脇が気になる場面
腕が出るような洋服を着て電車のつり革に捕まらないといけない時にむだ毛が見られるの...
危険性を感づく
FX投資の経験がない方がマーケットの大切なところを探すためにはまず初めに学習を重...
二国間の通貨を売買
「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして利益を狙う取引です。 ...