なにかといろいろあるもんだ
*
ホーム > 日常 > 日足チャートをチェック

日足チャートをチェック

とうとう開始する時という局面では、事前調査を手抜きしてはいけません。

売買を行う前であったら起こる事を客観的に調べる事ができるゆとりがあります。

 

だけれども、ひとたび相場の内部に踏み込んでしまうと、どう工夫しても見え方が自分勝手なものになる場合があり、肝心な時に適切な判断を下せなくなる危険があります。

それだけに己の精神が合理的な状況で、ちゃんとした準備が大切です。

この"j事前準備"のためには、最初はあなただけの筋書きを作成する事からスタートします。

今からの相場はこうだから豪ドルを売る(あるいは買う)というような、あなたなりの台本を書いていきます。

次に日足チャートをチェックする事です。

 

それまでの為替レートの上がり下がり見極めて現時点の価格を確認します。

 

そうすれば、「今日はだいぶ行き過ぎた状態にあるな」など、もしくは「今となっては大勢の人がエントリーしているから今から自分が取引してももう間に合わないな」ということが見えてくる。

 

当然、今さら取引するのが遅すぎるなと思ったら、手を出さないで、その場面では潔く割り切ることが肝心です。

 

自分なりの脚本を譲らずに吹っ切らずに注文すると外国為替市場に押し返されてしまい損害を受けることになります。

 

とは言うものの多くのケースで準備万端の自分自身の筋書きを作っておくと、仕かけるのが手遅れということにはならないだろう。

 

たぶん、具体的に外国為替市場が上下動する前の状況のはずです。

 

続いては、差し当ってエントリーしようと決めている売買ポジションの推移を、注意深く把握する事が肝心。

 

仮に円安に向うはずだというストーリー展開を書いたのであれば、ドル円の変動に注目する事が大切です。

 

マーケットの動きを注視し始めた状態では、その外貨は大きく動く兆候を見せないで上がったり下がったり小さな変動をしているだけでしょう。

 

ところが、その上げ下げをきちんと気をつけていると、ある状況で確実に、ドル高へと為替相場が動き始めてくる。

そこでようやく、ドルの取引します。

 

通常は、十分に事前準備さえしておけばそのエントリーで稼げる可能性は相当大きくなるはずです。

http://santaka69.hatenablog.com/


関連記事

試行錯誤もまた一興。
私の趣味の1つDIY、仕事が休みの日にはコツコツと、家にあれやこれやを付け足して...
日足チャートをチェック
とうとう開始する時という局面では、事前調査を手抜きしてはいけません。 売買を行う...